2017年9月22日 (金)

115系 N3 鯨波

_r9a8295

115系N3編成現る!

正直、微妙に感じてます、この色。

朝から、小賑わいの鯨波でした。


2017年9月21日 (木)

115系 湘南色 礼拝

_r9a8387

越後線、いいところですね。

まだまだ115系には残って欲しいです。

2017年9月18日 (月)

スラント183 ニセコ④

_r9a8123


C62・DD51の「ニセコ」の秀作に、心ときめいていた216.3キロポスト地点。

惜別の思いで、見送りました。

2017年9月17日 (日)

スラント183 ニセコ③

_r9a8210

追っかけて数回撮れてしまう「ニセコ」

しかしながら下りの国縫では、貨物を退避させ、全速力でその横を通過していきました。

その走りはさすが、特急列車でした。

2017年9月16日 (土)

スラント183 ニセコ②

_r9a7313


いつもは予報が良くても、機嫌損ねる噴火湾沿いの天気。

この日は非常に安定していました。

さあ、また先を急ぎましょう。

2017年9月15日 (金)

スラント183 ニセコ

_r9a7292

そして臨時特急ニセコ。

新幹線開通で廃線は免れない山線で、スラント183の、実質さよなら運転のように思えました。

黒松内のオーバークロスで。

2017年9月14日 (木)

スラント183 サロベツ

_r9a3594


暖かだった昼間も、日が落ちれば猛烈な寒さになる内陸の北海道。

パウダースノーを巻き上げ、猛スピードで通過していきました。

2017年9月13日 (水)

スラント183 オホーツク

_r9a8901

ガキの頃、キハ183「オホーツク」の流氷の絵入りマークが大好きで、図鑑や写真集を見て惚れ惚れしていました。

いざ実際撮りに行ったときには、憧れのマークは無く、貨物のついでに撮る存在に。

氷点下20℃の緋牛内。前日はキハ183後期車が先頭で、リベンジの朝。

2分日の出が早まり、1分列車が遅れ、太陽は前日よりも高くなりました。

2017年9月12日 (火)

スラント183 まりも

183

まだ新芽が芽吹く前のゴールデンウイーク。

「まりも」は増結されて釧路を目指します。

いつ乗っても混んでいた夜行「まりも」

2017年9月11日 (月)

スラント183 とかち

183

DD51貨物を撮るべく、大成のオーバークロスへ。

ほどなく上り札幌ゆきのとかちがやって来ました。

ヘッドマークも中途半端、ダメなデザインですが、懐かしいです。

«スラント183 北海

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ