« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

103_2

東京の桜が満開になりました。

一年でこの一週間だけの特別な景色。

201

2014年3月30日 (日)

C58239

025

おそらく営業運転が始まったら、無いであろうヘッドマーク無しC58239。

営業運転が始まったら、無いであろう雪中走行・・・。

試運転最後の最後で、ようやく撮れる機会を得たので、日帰りで行ってきました。

今日は気温なんと20℃。

最初で最後かも知れない、飾らないC58239、素敵でした。

043

2014年3月27日 (木)

EF66901

Ef66901

「901が甲種引っ張ってくるみたいだよ」

前日誰かにそう教えられて、なんとなく撮ったワンカットです。

なつかしいEF66901。

茅ヶ崎-辻堂 1996.3.11(9:46)

2014年3月23日 (日)

三井野原スキー臨

58_2

キハ58 3両(京キト)のこの列車は、岡山から夜行で木次線までやってきたスキー臨だったと思います。

夜行でキハ58でスキーに来るのも、今では信じられないですが、日帰りでマイカーでこの列車を撮りに行った自分も、今では信じられません・・・。

出雲坂根 2000.2.11(11:29)

2014年3月22日 (土)

任を解かれた車両たち 15

060

サハ204-4

205系は格好いい電車! 異国の地での末永い活躍を祈りますが、「6ドア車」は譲渡の対象とはならなかったようで、長野でひっそりと最期の時を待っていました。

2014年3月21日 (金)

春分の日

20de10

この年の春分の日も、強い冬型の気圧配置で、日本海側は大雪でした。

関西からやってくる20系シュプール号。毎日運転だったのに、いや毎日運転だったからこそ、いつでも撮れる、とあまり目を向けなかったのが悔やまれます。

北小谷-中土 1992.3.21

2014年3月20日 (木)

終着青森

171_2

編成の長い客車列車がゆっくりとホームに到着し、お客さんが降りてきました。

電源車のエンジン音が響くなか、急行はまなすが終着青森に着きました。

2014年3月13日 (木)

テールライト

007

明日発で、ついに43年半の運転にピリオドが打たれる「あけぼの」。

明日からまた出張仕事で、最終「あけぼの」は見送ることできません。

さよならの代わりに、ありがとう。

岩本-沼田 2014.3.10(23:18)

2014年3月12日 (水)

あれから5年

Ed76_3

小学校の頃、持っていた筆箱や下敷きには、必ず東京発九州行きのブルートレインがプリントされていました。

それぐらい大好きだった九州ブルートレイン。

憧れの「富士」最終列車を、仕事を休んでお見送り。最期の花道でした。

杵築-大神 2009.3.14(12:41)遅れ

2014年3月11日 (火)

今日の「あけぼの」

064_2

大雪予報に連れられて、終焉間近の「あけぼの」が遅れてやってくることもちょっとだけ期待して上越線へ行ってきました。

水上付近は時折大雪の天気でしたが・・・、なんと上り「あけぼの」は定刻に通過しました。

踏切が鳴り、あわてて構えました。ヘッドライトに粉雪が踊ってます。

水上-上牧 2014.3.11(4:21

2014年3月10日 (月)

ゼブラ

Dd14

5日前、初めて特雪DD14を只見線で撮影し、この日が2回目の撮影で米坂線でした。

羽をゼブラに塗られたDD14が、高々と雪を噴射しています。

以後、何度となく米坂線に特雪を撮影に行きましたが、翌年からゼブラ塗装は灰色一色に塗り直され、二度と見ることはできない最初で最後のゼブラDD14の姿でした。

越後片貝-越後金丸 1998.2.4(10:28)

2014年3月 9日 (日)

行き違い

447

小樽築港を出た山線ラッセルは、蘭島で下り終列車と行き違い。

雪も止み、静かな夜でした。

これからまた峠道に挑みます。

蘭島 2014.1.6(20:19)

2014年3月 4日 (火)

じゃあまたね

304

あけぼの廃止まで、あと10日あまり。

仕事がびっしりで、もう撮りに行けないなあ。

やれやれ明日からまた出張行ってきます。

青森 2014.1.5

2014年3月 3日 (月)

夜明け

22

上野から北斗星に乗って、早朝の森駅で降りました。

キハ22が始発列車としてアイドリングしています。

今日は素敵な一日になりそうです。

森 1995.2.18

2014年3月 2日 (日)

サハ103-7

1037

京浜東北線で比較的末期まで現役で活躍した、首都圏では珍しいひとケタ、サハ103-7!

日根野で阪和線として長く過ごし、吹田で特別保全工事を受け、国鉄末期に浦和にやってきました。

出会えた時はカメラを持っていない、いざ撮ろうとするとなかなか来てくれない・・・。それも今ではいい思い出です。

品川 1993.4

2014年3月 1日 (土)

白黒写真のあの頃

Ed7550

走行写真を撮るべく、駅から何キロも歩きました。しかもまだ暗い雪の中を。

そして、携帯もまだ持って無いのに、撮るべき列車が来るまでの待ち時間は、一体何をしていたのでしょうか?

寒いとか、面倒だとか、退屈だとか思いもしなかったのでしょう・・・。

50

まだ10代の自分に聞いてみたいこと、今あるなあ。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ