« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

三陸で現実を見た

R0021834


「走らせられるところから、とにかく走らせる」という強い信念のもと、見事全線復活した三陸鉄道。

その何百倍もの規模の会社の路線は、一部線区で震災後手つかずのまま。

復旧させて三陸鉄道に移管、などと格好つけたこといって。いやいや大赤字路線を手放す大チャンスなんでしょ。

R0021800

2015年2月27日 (金)

北斗星 豊浦

2r9a0811


だいぶ春めいてきました。

水鳥たちが日向ぼっこ。

2015年2月21日 (土)

トワイライトは消える

113


西日本が、「トワイライトエクスプレス瑞風」なる次世代寝台車を発表し、「トワイライトは消えず」などとニュースになっています。

ということは、3月で営業終える既存のトワイライト客車は、今後団臨としても、その瑞風の登場までしか、どう長くても残されないということを痛感しました。

3月以降の団臨運転が、一回でも多くその姿が見られますように。

2015年2月20日 (金)

なにわのDD51

Dd511805





なにわの下町を往くDD51。

もう貨物駅としても機能していなかったのに、運ぶ荷も無いのに、DD51が浪速貨物駅まで運転されていました。

今は跡形も残っていないようです。

2015年2月19日 (木)

お別れの季節

165


春はお別れの季節です。

過去、ダイヤ改悪で印象に残っているのが1996年。この年はたくさんの別れがありました。

なかでも急行東海の特急化は、寂しかったなあ。

2015年2月18日 (水)

植苗手前

019


ひっきりなしに千歳空港に降りてくる飛行機が、よく見える撮影地。

見れば、政府専用機が!

そしてようやく2時間50分遅れの北斗星。これも思い出。

2015年2月15日 (日)

北斗星撮影

378


あと何回撮れるだろうか?

明日は仕事終わりで行ってきます。

2015年2月14日 (土)

スピード

167


最後尾8号車、乗客は皆無の臨時急行ちくま・くろよん。

ふと見るとスピードメーターが客席に。

修学旅行専用だった頃が忍ばれます。

2015年2月13日 (金)

プラチナトワイライト

135


昨日は、最終トワイライトの一ヶ月前窓口売りだったようですね。

3年前、10時に打ってもらい、ロイヤルのチケットを手にした感動は未だに忘れられません。

ありがとう、トワイライト。

2015年2月11日 (水)

急行くまがわ

58

時刻通り、急行くまがわ同士がすれ違いました。

熊本行きも人吉行きも、乗り降りする人はいませんでした。


2015年2月10日 (火)

伊那谷夕暮れ

Ed627

日が沈むと気温が急降下。

最後の日差しももう山の頂上だけ。

七久保。

2015年2月 9日 (月)

DD51745 日本海を望む

Dd51745

北越急行開通前に、DD51745牽引マヤ検が直江津まであり、マヤを解放した745が新津へ帰って行きました。

信越海線を単機で走る、珍しい姿。

2015年2月 8日 (日)

EF5861 17時

Ef5861


夜の帳が降りる頃、出区の時間。

2015年2月 5日 (木)

EF6556 尻手

Ef6556


東京の天気予報、大きく外しましたね。

雪が降った翌朝、高機の運用の貨物列車をかつてはしばしば撮りに行きました。

運良く500番台特急色が来てくれたら、と思いましたが、なんと56号機でした。

2015年2月 4日 (水)

凸凸

228

美しき重連。

次はいつ北へ飛ぼうかな?


2015年2月 3日 (火)

通学列車

Dd5174450


男鹿線には、平日8両の50系が走っていました。

今もキハ8両なのかな?

あの時の通学列車を、みんな覚えているかな?


2015年2月 2日 (月)

DD14 長万部

22dd14


北斗星5号で降り立った長万部には、DD14がいました。

夜中山線を作業してきたのでしょうか?

2015年2月 1日 (日)

シュプール白馬・栂池

Dd51111620


「シュプール」号で再現された、懐かしい姿。

3段寝台でゲレンデへ向かうのはどんな気分だったのでしょう?

大阪駅で静かに出発を待っていました。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ